アンダーランとロングトー



 蹄の断面図です。
 これと言ったコメントがないです・・・。
 黄色い所は気にしないで下さい。















                                        
                                        
  CはBも含んだ距離になります。 
  削蹄時に蹄のバランスを修正
  していかないと、蹄尖が伸びて
  いき、蹄踵が前方に移動してし
  まいます。

  こうなってしまうと、Aの分だけ
  正常時より長くなり、動く時に
  抵抗がかかってしまいます。

  Bの分だけ、蹄踵が前に移動
  している為に、立っている時で
  さえ負担がかかってしまいます。

  Bが大きいほどCの距離が長くな
  り、負担が大きくなります。
 
 Aの状態をロングトー
 Bの状態をアンダーランヒール
 と言います。







 蹄の反回時です。
 歩いている時ですね。

 Aの分だけ抵抗が大きい
 です。
 人に例えるのならば、つま
 先が長い靴を履いている
 時と同じですね。
















戻る